科学技術の啓発

科学技術に関する知識の普及を図るため、青少年から一般市民まで幅広く理解と関心を高めるようイベント等を開催しています。

  1. 「テクノ愛」の開催
  2. おもしろサイエンスの開催
  3. 科学館・技術館訪問研修の開催

おもしろサイエンス2018年度~春の実験教室~募集案内~
  “親子での参加者を募集”

公益財団法人京都技術科学センターでは、小学校の春休みの期間を利用して小学生及びその保護者に科学実験・工作イベントを通じ、学び、知り、作ることの喜び・楽しさを体験していただき、科学への関心や理解を深めることにより、ものづくりへの意欲及び発明精神の高揚を図ります。
今回“2018年度春の実験教室”を次のとおり開催しますので、奮って御応募ください。

おもしろサイエンス2018年度~春の実験教室~
開催日 2019年3月23日(土)
  • 午前の部:11:00~12:00
  • 午後の部:14:00~15:00
主催 公益財団法人京都技術科学センター
協力 サイエンスEネット
東京理科大学理学部
後援 京都府教育委員会
京都市教育委員会
会場 公益財団法人京都技術科学センター本館1階B会議室
プログラム
(1)手回し発電機の解説
火力発電・水力発電・風力発電などの発電方法ではタービンを回すことによって電気を生み出しています。そしてそのタービンは私たちの生活に身近なモーターを基にした構造となっています。今回は手回し発電で、タービンの基となるモーターを利用して電気を生み出し、発電を実際に体験してみましょう!

手回し発電機では、モーターを手で直接回すことによって電気を作ります。これはモーターに電気を流すとモーターが回転するということを逆手に取り、モーターを手動で回すことで電磁誘導によって生み出される誘導電流を取り出す発電方法です。
モーターと発電機は実は全く同じもの。これさえ知っていれば、もしもの時にもモーターを使って簡単に電気を生み出せますね!この意外な事実を確かめるためにも、今日はモーターを使った簡単な手作り手回し発電機を作ってみましょう!
(2)手回し発電機の作製(個人工作)
  1. 丸シャフトにブッシュを通す。
  2. 六角シャフトに六角ボスを通し、イモネジで固定。その後ファイナルギアをイモネジが見えるように通す。
  3. ②にハトメと突起のついていない片方のギアボックスを通し、軸をつくる。
  4. ①を③と同様にハトメとギアボックスに通し、軸をつくる。
  5. ①で作成した軸に二段ギアを通し、③で作成した軸にも二段ギアを通す。最後にクラウンギアを①の軸に通す。
  6. ③の軸にスペーサーを通したのち、①③の軸両方にハトメも通し、残ったギアボックスをはめる。
  7. 三か所にネジ止めをする。
  8. モーターにピニオンギアを挿す。
  9. 向きに気を付けながらモーターを⑦でできたギアボックスにはめ、固定パーツでとめる。
  10. モーターの導線と豆電球のソケットをつなぎ、豆電球をつける。
  11. ハンドルを取り付ける。
  12. 最後に、板に取り付ければ完成。
対象者 近畿地方在住の小学生及びその保護者
定員 午前の部:小学生20人(親子で20組以内)
午後の部:小学生20人(親子で20組以内)
参加費 無料
申込方法 往復はがきに、午前の部・午後の部どちらを希望か明記のうえ、以下の事項を記入し、申し込んでください。
①郵便番号と住所 ②氏名 ③小学校名及び学年 ④保護者氏名及び続柄 ⑤連絡先電話番号
募集締切日 2019年3月15日(金)(定員を超えた場合は抽選により参加者を決定します。)
申込先 公益財団法人京都技術科学センター おもしろサイエンス担当 宛
〒606-8305
京都市左京区吉田河原町14
(電話でのお問い合わせ:075-771-6117)

2018年度 開催結果

「おもしろサイエンス2018年度~クリスマスの実験教室~」開催結果
開催日時 平成30年12月22日(土)
  • 午前の部:11:00~12:00
  • 午後の部:14:00~15:00
主催 公益財団法人京都技術科学センター
協力 東京理科大学理学部第1部、サイエンスEネット
後援 京都府教育委員会、京都市教育委員会
場所 京都技術科学センター1階 B会議室
参加者 午前の部:小学生17名(親子15組)
午後の部:小学生18名(親子14組)
プログラム
(1)主催者挨拶
開会に当たって、午前の部に当センター髙岡理事長が、また午後の部に当センター田中副理事長か挨拶。
(2)圧電発電の解説
講師の東京理科大学の川村康文教授から、圧電発電についてやさしく・楽しく解説。
  • 圧電発電の仕組みは、水晶や石英などの結晶に、圧力や振動を加えると結晶構造がひずみ、結晶中の陽イオンと陰イオンのバランスが崩れそのため大きな電圧が生じ、電気が流れるというものです。そしてこの仕組みにはピエゾ効果という名前もついています。
  • 実際の日常生活においてはガスマッチやガスコンロなど様々な場面で利用されています。
(3)圧電発電の作製
  1. 圧電素子をペット板にセロハンテープで止める。
  2. クロスニコルになるよう偏向シートを入れ、両端にペット板を張り付ける。
  3. 銅線を結び、エナメル線を巻き付ける。
  4. LEDライトをスポンジに通す。
  5. LEDライトをキャップに差し込み、足を曲げる。
  6. アルミテープをペットボトルに張る。
  7. ペットボトルにキャップ差し込み、銅線でつないで完成。

過去のおもしろサイエンス